1. ホーム
  2. ≫プロフィール

プロフィール

これは、妊活に疲れ、ED(勃起不全)になった男の実録体験談です。

 

30代中盤の、至ってふつうの男であった私がなぜ、EDに悩まされることになったのか。

そして、そこからいかにして復活したのか。

そのリアルな実情をお届けします。

 

私のプロフィール

生まれ :1980年生まれ

結婚  :既婚、現在は1人の子持ち

 

EDになりかけたキッカケ、それは妊活だった

私がED(勃起不全)になりかけたキッカケは、妊活です。

今でこそ私は1人の子持ちですが、結婚してはじめての子供が生まれるまでの妊活は大変でした。

その経緯は、次の通りです。

 

はじめは、妊活なんてしないでもすぐ子どもができると思っていた

私が結婚したのは32歳で、妻は34歳の頃でした。

4月に入籍を済ませ、10月に結婚式、そしてすぐに発覚した妊娠。

あの時は、幸せの絶頂でした。

 

流産、そして天国から地獄へ

しかし、その妊娠が流産となったことで、私たち夫婦二人は一気に天国から地獄へ落とされることになりました。

そして、待っていたのは、辛く苦しい妊活の日々。

 

一度は妊娠できたので、次に妊娠することもすぐだろうと安易に思っていましたが、なぜかひと月経っても、またひと月経っても妊娠しない妻。

そして、翌月、また翌月と月日が経るごとに妻の焦りは募っていきました。

 

毎月、種馬のように行われる機械的な夫婦の営み

そのようになってくると、夫婦の営みは、まさしく「子作りのための行為」に過ぎないものとなってしまい、私(夫)にとってセックスは全く楽しいものではなくなってしまいました。

 

妻:「今晩、子作りだからね!」

夫:「はい」

 

妻:「明日もだからね!」

夫:「はい…」

 

子作りのための調整で、自慰もままならず

また、子作りをするためには、タイミングが命なため、好き勝手にムラムラした時に自慰をしていては、「今晩、子作りだからね!」と言われた時に大変です。

 

そこで、自慰でひとり楽しむのも子作りのスケジュールをにらみながらで、何とも味気ないものになってしまいました。

 

もうこうなってくると、日常生活でムラムラすることもなくなり、さらに夫婦の性生活もあくまで子作りのためにやる感じで盛り上がることもなく、虚無の極致です。

 

ついに、妻との性行為中に中折れ

そんな虚無の日々が続いた頃、ついにそれは訪れました。

妻との性行為中に、

「あれ、勃たなくなっちゃった…」

 

そう、中折れです。

そりゃもう、ふにゃふにゃです。

なんとかしようにも、ふにゃふにゃ。

 

ただ、幸い挿入中ではあったため、その時はどうにかこうにか射精にはつなげましたが、すっかり自信は失ってしまいました。

 

ED・中折れ対策の日々

ただ、落ち込んでいてもしょうがないので、何か対策はできないものかと色々情報を調べて回りました。

 

「ED治療薬って、そこまでやる必要はあるのかなぁ」

「なんかこわいんだけど、意外と体験談がないなぁ」

 

「精力剤って本当に効果あるのかなぁ」

「実際は効果なさそうだなぁ」

 

こんな感じで調べてはみたものの、結局、心底信頼できそうな情報にはたどり着くことができませんでした。

 

そこで、とにかく実際に色々試してみようと思ったのが、私のED・中折れ対策の日々のはじまりです。

 

色々な精力剤やサプリメントを試してみたが効果なし!

まず、私が試したのは、精力剤やサプリメントでした。

なぜなら、ED治療薬に頼るところまでするのはおおげさな気がしたのと、ED治療薬はニセモノが出回っていてリスクがあるという報道なども見ていたからです。

 

ただ、結果から言うと、精力剤やサプリメントは、正直、ほとんど効果なしでした。

唯一、亜鉛は効果あったように感じましたが、マカだのトンカットアリだのクラチャイダムだのといったものは、ほぼ全くといっていいほど効果を感じませんでした。

(あとで理由を知ってしまえば当然のことだったりするのですが)

 

筋トレは、角度を上げる点に対しては効果あった!ただ、中折れに対しては微妙

続いて試したのは、筋トレです。

これは、特に脚の筋肉を鍛えると、勃起力が違ってくるという情報を見たからですが、これは効果がありました。

 

実際に、局部が臨戦態勢になる時の角度がグッと高まり、硬さもかなりカチカチになったのは良かったです。

中指くらいしかいかなかったのが、
親指くらいまでいくようになった

 

しかし、持続力という観点ではおそらくポイントが違うのか、結局はじめは良くても途中で中折れ気味になるのは変わらなかったです。

 

最終的にたどり着いた結論、それは医療機関できちんとED治療薬(シアリス)をもらうこと

そして、中折れという観点で、最終的に効果があったのは、医療機関できちんとED治療薬(シアリス)をもらうことでした。

 

これ、今思うと当たり前すぎて、なんですぐこの結論にたどり着かなかったのかと不思議でしょうがないです。

 

行政に認可されて設置された医療機関で、

国家資格である医師に相談した上で、

確かな効果のあるED治療薬をもらう。

 

こんな当たり前の選択をせずに、なぜ真偽不明のあやしい会社がつくった精力剤にはじめ頼ろうとしたのか全く意味不明だと、今になると思います。

 

ED治療薬で、ED・中折れに悩まず豊かな性生活、豊かな人生を

ただ、色々と紆余曲折はありましたが、結果的にはED・中折れの危機から立ち直り、その後に妻も妊娠して、子どもも無事生まれて、今は幸せな日々を送っています。

 

ちなみに今は、ED・中折れに悩んでいるというほどではないですが、性生活を楽しむためにED治療薬(シアリス)は今もたまに使っています。

 

このED治療薬(シアリス)というものですが、よくわからない間は使うのがこわいのですが、キチンと理解した上で適切に利用することができれば、こんなに人生を豊かにしてくれるものはないと実感しています。

 

だから、このサイトを訪れた方も、ED・中折れの原因やキチンとした対策を理解して、豊かな性生活、豊かな人生を送ってほしいと願っています。